毎日のお風呂上りに習慣づけて、バストアップを目指しましょう。

ページ
トップ

ツボを刺激して血流を促進

伸びをする女性

バストアップにはマッサージなども効果がありますが、マッサージは、やり方次第で胸が小さくなる場合もあります。
自分でやるには、比較的短時間で、簡単にできる、バストアップのツボを押すという方法もあります。

・バストアップに効くツボ

「だん中(だんちゅう)」

壇中の位置はバストとバストの間の、バストトップと同じ高さで、押してみて痛みを感じるところです。
このツボを押すと、女性ホルモンの分泌を活性化させ、バストアップのツボとしてとても有名です。
女性ホルモンの分泌が正常になることで、バストアップと共に、美肌効果もあります。

このツボはストレスに効果があります。
環境や、精神的なストレスは、ホルモンの分泌を狂わせたり、その他体調を悪くする原因となります。
精神疲労にも効果があります。

(押し方)

ゆっくりと少しずつ力を入れていき、5秒間押し、5秒間かけてゆるめてはなします。
これを5回繰り返します。

あまりきつく押すととても痛い所なので、痛すぎるほどに押さえないようにしましょう。

「天渓(てんけい)」

天渓の位置はバストの脇腹よりの胸と骨の境目、トップバストの位置です。
乳腺発達を促進する効果からバストの張り、バストアップの効果があります。

(押し方)

左右のツボを同時に左は左手の親指、右は右手の親指でバストを下から押し上げる感じにゆっくり押します。
5秒間を5回押します。

「測腋(えんえき)」

測腋の位置は、バストトップの位置の脇腹の方へ行ったわきの下の位置です。
押さえて痛く感じるところです。

バストに張りができ、血行促進の効果もあり、バストアップに必要な栄養分が行き渡ります。
また血行促進より、新陳代謝も活発になり肌にターンオーバーを正常にし、バストの成長も助けます。
このツボは、背すじを伸ばさないと押すことができないため、自然と良い姿勢を取ることになります。

(押し方)

両方同時に、ゆっくりと、親指で5秒間押し、5回繰り返します。
少し痛いくらいの強さに力のかげんをします。
押した後、爽快感があります。

・ツボ押しのコツ

ツボ押しをするときは息を吐きながら押して、息を吸いながら手を放すようにします。
ツボ押しをする場合に、痛いと感じたり、ぎゅうぎゅう押して青あざになるほど押すようなことはやめます。
押して少し痛いけれども後で気持ちが良くなる程度にします。
位置がはっきりわからない場合には、そのあたりをマッサージすることでも効果があります。

体調があまり良くない時や、妊娠中、熱があったり、食後、お酒を飲んだ後にはツボ押しはしないようにします。
睡眠前に、お風呂につかり体を温めて、体調が良いときにリラックスした状態で行うとよいようです。

ツボ押しや、マッサージは即効性のあるものではありません。
お風呂上りの習慣として、毎日行うように習慣づけて、バストアップを目指しましょう。

良質な睡眠でメラトニン分泌を促す