キャベツが健康や美容に大変良い食べ物であることは間違いありません。

ページ
トップ

キャベツで大きくは都市伝説?

伸びをする女性

キャベツを一日1個食べるとバストが大きくなるという方法があるようですが、本当に効くのでしょうか?

・キャベツがバストアップの都市伝説。

キャベツがバストアップに良いという理由は、
キャベツに含まれるポロンが女性ホルモンの分泌を促すということのようです。

では、そのポロンとは一体どのようなものなのでしょうか?

ボロンとはホウ素のことで、
キャベツの様な植物においての細胞壁を維持することに必要な栄養素でホウ素は、植物の成長に欠かせません。

同じようなことが人間にも適応されるのかどうかについて、
アメリカでホウ素を閉経後の女性に投与した結果、
エストロゲンおよびビタミンDが活性化したという報告がありますが、
栄養素として効果があったのかどうかの判別はされていません。

ホウ素は無害ですが、食塩のように無害だけれど大量に摂ると毒性を示す可能性があります。

1日0.5g以上とり続けると毒性を示し、下痢や、消化器に問題がおこります。

よくゴキブリ退治に作られる、ホウ酸団子というものがありますが、
昆虫に対しては、ホウ素は、強い毒性を示すため、殺虫剤として使われています。

・キャベツは優秀な野菜

キャベツそのものはとても優秀な野菜です。

キャベツは胃の粘膜を再生し胃潰瘍を防ぎます。

ギリシャ、ローマ時代より消化促進作用が注目されており、
トンカツの付け合せのキャベツはとても理にかなっています。

ビタミンCも豊富で、カルシウム、カリウムなどのミネラルも豊富です。
解毒機能のある、インドール、グルコシノレートは、抗がん作用もあります
癖がなく、年中手に入り、調理方法も多く食物繊維も多く摂ることができ便秘解消効果や、美肌効果があります。

動脈硬化、高血圧、糖尿病と言った生活習慣病の予防効果もあります。

おそらく、もともと野菜不足であった人が、
キャベツを食べたことでキャベツの多くの効能が体調を良くし、
新陳代謝も良くなった結果、バストアップしたのかもしれません。

バストアップの食事の基本は、バランスの良い食事です。

キャベツは、一日1個たべつづけて、嫌になってしまうにはもったいない野菜です。
和洋中どのような料理にも使える便利な野菜ですので、適度に取り入れるようにしましょう。

キャベツばかりではなく、いろんな野菜を食べるようにしましょう。

ツボを刺激して血流を促進