質の良い睡眠は、メラトニンというホルモンの分泌が正常に行われます。

ページ
トップ

良質な睡眠でメラトニン分泌を促す

眠っている女性

バストアップのためには、睡眠を十分にとることが大切です。
質の良い睡眠をとるためにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

・質の良い睡眠の為の食事のとり方

質の良い睡眠をとるために、どのように食事をするかということがとても重要です。

一日3食きちんととり、出来るならば決まった時間に食べるように生活のリズムを整えます。
夜に食べるものはなるべく消化の良いものを食べ、胃の負担がないようにし眠りにつきやすくします。

・メラトニンに注目

睡眠に重要なことは、メラトニンというホルモンの分泌が正常に行われるようにすることです。

メラトニンの分泌には、昼間日の光のもと活動していることが影響します。
昼間太陽の光の影響でセロトニンが分泌され、そのセロトニンが夜には、メラトニンとなり、質の良い睡眠を促します。

メラトニンを分泌するためにはその原料となる、トリプトファンの含まれる食品を食べることが大切です。
トリプトファンは、乳製品、豚肉などの肉類、魚、大豆製品などのたんぱく質を含む食品に多く含まれています。

トリプトファンは、穀類と共に食べると脳に届きやすくなリ、穀類にもトリプトファンは、含まれ、米、そば、パスタ、うどんには多く含まれているため、肉などと穀類を同時に食べるようにしましょう。
おやつなど、間食に、アーモンド、くるみなどを食べるようにしましょう。

・睡眠前の半身浴

質の良い睡眠と同時に、バストアップ効果を得るために睡眠前に、半身浴をし、ゆったりとした気分でストレスの解消をしましょう。

体が芯から温まり、冷え性の人にありがちな冷たくて眠れないということを防ぐことができます。
半身浴の時に、バストのマッサージを行い血行促進も行いましょう。

・眠りにつきやすい環境も大切

枕が変わると眠れない人がいるように、睡眠の質は寝室や寝具にも影響があります。
清潔な寝具で、眠りにつきやすい寝具を選びましょう。

また、明かりも重要で、白色の明かりは、神経を刺激してしまい、いつまでも携帯を見ていたり、パソコンの光が脳を刺激して、ついつい夜更かしをしてしまうことがあるので気を付けましょう。

寝室の明かりは電球の様なオレンジ色の明かりが、ゆったりした気分で睡眠に着くことができます。

男性が理想とするバストサイズについて