正しいブラを選び、ホルモンバランスを整えるサプリや、バスト専用クリームの力をかりて胸に張りを取り戻し、大胸筋を鍛えるトレーニングを行うようにしましょう。

ページ
トップ

大きいと垂れるは本当?

バストアップをしたいけれど、大きくなると垂れやすいのは困ると思いがちですが実際はどうなのでしょうか?

・サイズに関係なく垂れる時は垂れる。

バストのサイズに関係なく、バストは加齢などにより垂れてしまいます。見た目に、大きいサイズだと、目立つからそう思うのでしょう。

やはり加齢によるホルモンバランスの乱れや、重力には勝てないようです。バストの位置が下がると、見た目に若さが感じられなくなってしまいます。

では、垂れるのを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

・正しいブラをつける。

バストのクーパー靭帯が、バストをつり上げるような形の働きをしています。激しいスポーツなどをしていると、胸が揺れてしまいますがスポーツブラなどをしていないと、このクーパー靭帯がきれてしまいつり上げることが出来合くなってしまいます。一度きれてしまうと元に戻りません。

激しい運動をしなくても、ただ歩くだけでも、正しいブラをつけていないと揺れてしまいます、それが原因でバストは垂れてしまいます。

自分に合ったブラを選ぶことは大切で、形の良いバストをキープしたい場合は、寝ているとき専用のナイトブラの着用もおすすめします。

・肌の張りを保つ。

加齢によってバストが垂れる理由に、バスト自体の肌の張りがなくなるということも関係します。

サプリ等で、ホルモンバランスを整えると、バストに張りがよみがえります

また、バスト専用のクリームなどもあり、バストの張りやつやを良くしてくれます。

・大胸筋を鍛える。

バストアップ体操や、筋力トレーニングで大胸筋を鍛えることで大胸筋がバストを支えてくれます

大胸筋は、ものを押すことなどに使われる筋肉ですが、なかなか普段の生活で常に使う筋肉ではないので、腕立て伏せなど意識して行うようにしましょう。

公式サイトはこちらをクリック