気温の温暖な県は、一年を通して野菜、果物も豊富で、気温が高いことで血行も良いことからホルモンの分泌や、栄養分の補給などにも影響を及ぼしているため、バストサイズに差がでると言う説も。

ページ
トップ

都道府県別のバストサイズランキング!

日本地図

都道府県別バストサイズのリサーチの結果いろんなことがわかり、注目されています。

・バストサイズは西高東低

バストサイズを都道府県別に調査した結果、平均的に、西日本のサイズが大きいようで平均がCカップでした
しかも平均が、Eカップの県は、京都と岐阜県です。

平均がBカップの県は18、Cカップは17という結果から、ほぼBカップ~Cカップが日本の平均的なバストサイズと言えます。東日本の多くの県での平均がBカップに対し、西日本ではCカップの平均の県が多いようです。

埼玉県が唯一、平均がAカップでした。

・バストサイズは食生活に関係がある。

バストサイズは、食生活によって変化があるようです。

西日本はグルメで有名な県が多く、また野菜や、果物など温暖な気候で、年中豊富に地元のものが手に入り、女性ホルモンの分泌などにも影響を及ぼしているのかもしれません。

東日本でも、新潟、宮城、福島の平均はDカップです。
これらの県は、おいしい米どころとして有名です。
豊富な魚介類やおいしい牛肉も特産品です。

宮城名物のずんだもちは、枝豆を使っているのでおいしい大豆をよく食べるとイソフラボンの効果から、バストサイズに影響しているのでしょうか。京都の平均サイズはEカップですが、日本中で最もおいしい豆腐を食べるならば京都と言っても過言ではなく、湯葉なども京都ならではの名産品です。

やはり、大豆製品の消費が多いことでイソフラボンの摂取が多いのでしょう。
大豆の消費量の多い、おいしい大豆製品のある県がバストサイズが大きい事は、イソフラボンをよく摂っているということが影響しているようです。

・血行が良いかどうかも問題

東日本と、西日本では、気候の差から気温の高い日が、一年を通じて多い地方の方がバストサイズが大きめということは寒さで血行不良になりがちということが言えるかもしれません。血行が良いと、必要な栄養が必要なところに行き届きやすいためバストサイズに影響を与えているということも考えられます。

寒い日の多い地方でも、近年は暖房も行き届いており、さほどの影響もないかもしれませんが、夏でも冷房などの影響から血行不良が起こりやすく、埼玉のAカップは、このような理由も関係している可能性があります。

バストが若々しく見えるテクニック!